風景

独り歩きするふるさと納税|内容を把握しよう

魅力が多い制度

魚介類

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。2000円以上を自治体へ寄附することで、翌年の住民税から還付が受けられます。また、お礼の品ももらうことができるため近年注目を集めている制度です。ふるさと納税はふるさとという名がついていますが、必ずしもふるさとの自治体でなくても構いません。そのため、節税目的やお礼の品目的で納税する自治体を選んでもかまいません。お礼の品を比較したサイトなども多いため、そうしたサイトでおすすめの自治体を探すのもよいでしょう。また、ふるさと納税は税金の使い道が指定できるという特徴もあります。復興支援や子育て支援など、目的に合わせて納税することも可能なので、応援の意味を込めて納税するのもよいでしょう。

ふるさと納税の特徴は多くあります。一つ目が寄附金から2000円を引いた額が翌年以降の住民税から控除され還付されるという点です。それに加えて、お礼の品がついてくるため、結論としてはかなり得をすることができます。さらに、これまでは確定申告が必要だったため手間がかかるというデメリットがありましたが、制度改正により手間が非常に少なくなりました。控除額もおよそ倍になったため、非常にうまみが増えたといえます。お礼の品も、自己負担額である2000円以上の価値があるものが大半です。多くの場合はその土地の特産品なので、各地の特産品を知る楽しみと味わったり利用したりする楽しみが得られます。寄附先は複数あってもよいので、様々な形で楽しんだり寄附することにより応援したりできます。