田舎

独り歩きするふるさと納税|内容を把握しよう

自治体に寄付をすること

肉

ふるさと納税とは、自治体に寄付することで様々な特典が得られるという税金の使い道を自分で決められる制度になります。税金の還付を受けるには、確定申告が必要になるので時期を逃さないように申告することが大事です。

もっと読む

お得な制度は利用すべき

野菜

お礼の品が魅力的

ふるさと納税は情報番組や雑誌などでよく取り上げられているので、存在くらいは多くの方が知っているはずです。この制度は自治体間の財政格差を解消するために2008年にスタートしました。ふるさと納税が近年人気が高くなっているのは、魅力的なお礼の品が貰えるからになります。スタートした当初は税金控除だけだったのであまり人気がありませんでしたが、お礼の品を渡すようになって人気に火がつきました。お礼の品はその自治体の名産品である肉や野菜、果物、海産物や旅館やホテルの宿泊券、施設の優待券などがあります。お礼の品を目的にふるさと納税を行うのも有りです。中には日々の食事をお礼の品だけで賄っている強者がいるようです。

税金控除を受ける際の注意

ふるさと納税で税金控除を受けるために知っておくべきことがいくつかあります。損をしないように注意してください。まず、2000円以上納税しないと税金控除を受けることができません。1000円ではダメだということをしっかり把握しておいてください。また、所得税の控除を受けるには確定申告が必要になります。ふるさと納税をすれば自動で控除されると勘違いしている方が結構いるようなので、確定申告を忘れないようにしてください。ただ、2015年の4月からは寄付先が5自治体以内であれば、寄付先に申請書を提出することで確定申告が不要になるワンストップ特例制度が利用できます。確定申告は結構面倒なので、寄付先が5自治体以内であればワンストップ特例制度を利用しましょう。

地方の税収を憂慮した制度

野菜

ふるさと納税とは、人口流出によって税収が減少してしまった自治体を救済すべく誕生した制度です。但し、実際には納税ではなく、寄付です。しかし、ふるさと納税を行えば、所得税や住民税の一部が控除されます。また、自分が生まれ育った、ふるさとの自治体だけが対象ではなく、自治体は任意で選ぶことができます。

もっと読む

魅力が多い制度

魚介類

ふるさと納税は自治体への寄附金のことで、住民税の還付やお礼の品などうまみが多い制度です。税金の使い道も指定でき、ふるさとでなくてもよいので好きに寄附先を選べます。制度改正により手間が少なくなっているので、多くの人がこの制度を活用しています。

もっと読む